2010年05月01日

本の型紙をトレースする

もともと市販の型紙本は、見ただけで混乱し、
どうしても写し間違うので、苦手でした。
それなのに自分自身がその「本」を作る…
最初はどうなることかと思いました。

けれども今回、何度も何度も煩雑なパターンを見ていると
当然どのアイテムのどのパーツがどこに描かれているかなども
わかるようになりましたし、ごちゃごちゃしたパターンを見て
「うわ〜」とは感じなくなりました。慣れですね。
そしてふと思いついて他の市販本を出してきて、
いくつかトレースしてみたのですが、この作業がとても楽!
今回のパターンだけでなく、こういったパターンそのものに
慣れたようで、これから市販本の作品も色々作れそう。
意外な収穫がありました。

私は、部屋が狭いこともあって大きなパターン用紙は使わず、
A3のコピー用紙をストックしておいて(買い足しもしやすい)
それをパターン用紙にしています。大きなパーツの場合は
さっとメンディングテープで貼り合わせて使います。
参考記事

パターンのトレースは、まず出来上がり線を写し、
合い印や記号、文字(パーツ名・サイズ・指示など)を入れますが
縫い代の線は入れずに、縫い代をつけながら
カッターでカットしています。
参考記事

こういう風に、型紙を作るまでの、
どちらかというと面白くない作業を、自分にとって
合理的に短時間でできる工夫をすることで
「本から型紙を写し取る」作業も苦ではなくなったり、
楽しめるようになるのかもしれません。

私もこれから市販の本を見るのが楽しくなりそうです。
図書館の本も活用できると思うと嬉しいです。


【関連する記事】
posted by 【polka drops】 at 23:11| 本のことについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3.19 プレーンTシャツ裾アイロンのコツ

2010.4.30hon.jpg

プレーンTシャツは裾がラウンドしているデザインです。
ニットの横方向は生地が伸びやすいので、
アイロンとステッチを上手にかけることで、
縫い伸びを防ぐと、仕上がりがとてもきれいです。
ラウンドしている場合は、折りこんだ縫い代が溜まって
タックになりやすくなります。
これをアイロンで丁寧に馴染ませるコツを紹介しています。
PDFファイルです。こちら からダウンロードできます、
posted by 【polka drops】 at 07:48| 3.19 プレーンTシャツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

3.19 プレーンTシャツ 130

プレーンTシャツ130を作りました。
生地は snappy life さんです。
40/-スムースはTシャツにも使える厚すぎず薄すぎない
使いやすい生地です。そして縫いやすいです。
他には薄手のパーカーやタートル、羽織りものなどにも合います。

肩にエポーレット(肩章)をイメージして
コットンテープを縫い付けました。
前後の肩を縫い合わせたら、衿をつけずに
先に袖をつけます。袖つけの縫い代始末が終わったら
テープを、肩線上〜袖口の縫い代までつけます。
(立体になっているので、幅広のテープは向きません。
サンプルは1.9cm幅。これ以内にしてください。)

案外忘れがちなのですが、コットンやリネンの
テープやレースも必ず、水通しをします。
縫い付けたあと洗濯で引きつれると、かなり目立ちますので、
ある意味、生地の水通し以上に大切な作業とも言えます。

モデルは現在124cm、23kg、8歳。
ジャスト120です。少しゆったり目ではありますが、
大きすぎるということはないようです。
↓クリックで拡大します。

2010.4.29hon.jpg
posted by 【polka drops】 at 10:22| 3.19 プレーンTシャツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。