2010年06月11日

リメイクでプレーンTシャツを作る例

2010.6.11hon.jpg

レディスMサイズを崩して、
プレーンTシャツの130にリメイクしました。

子供服とはいえ130にもなるとかなり大きく、
限られた範囲に上手に型紙を配置するのが難しくなってきます。
ましてやプリントなどがすでに入っている場合、
プリントの位置にも合わせようとすると、
どこか足りない部分が出てきます。

そこで、今回は肩のところがどうしても切れてしまうので、
裁断の残り生地で肩ヨークに見せかけて接ぎを入れ、
デザインにしてしまいました。

また、このTシャツはカジュアルなラインのものよりも
シルエットの美しさを考え、着心地に影響しない程度に
袖山が高めになっています。
袖口はもとのTシャツのでき上がり線をそのまま使いましたが、
袖丈が足りず、本のパターンよりも、
袖のでき上がりが2cmほど短くなっています。

衿ぐりは40-スパンフライスを使用。
身頃が天竺の場合、厚みを考えると
30-よりも40-の方が合います。
(「スパンフライス」とだけで、厚みの記述がない生地屋さんも
多いですが、夏のアイテムは40-の方が良いと思いますので、
確認できたらその方がベストだと思います)
衿リブは身頃の衿ぐりよりも20%短くなっていますが、
この出来上がりを見ると、もう2%ほど短くしても
おさまりが良かったかな、と思いました。
(こういうことは出来上がってからわかるものではありますが…
そして着ているうちに馴染みますしね)
生地によってベストな衿リブの長さは違ってきますが、
一般的には-20%(本のパターンどおり)で良いと思います。


posted by 【polka drops】 at 13:18| 3.19 プレーンTシャツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

3.19 プレーンTシャツ裾アイロンのコツ

2010.4.30hon.jpg

プレーンTシャツは裾がラウンドしているデザインです。
ニットの横方向は生地が伸びやすいので、
アイロンとステッチを上手にかけることで、
縫い伸びを防ぐと、仕上がりがとてもきれいです。
ラウンドしている場合は、折りこんだ縫い代が溜まって
タックになりやすくなります。
これをアイロンで丁寧に馴染ませるコツを紹介しています。
PDFファイルです。こちら からダウンロードできます、
posted by 【polka drops】 at 07:48| 3.19 プレーンTシャツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

3.19 プレーンTシャツ 130

プレーンTシャツ130を作りました。
生地は snappy life さんです。
40/-スムースはTシャツにも使える厚すぎず薄すぎない
使いやすい生地です。そして縫いやすいです。
他には薄手のパーカーやタートル、羽織りものなどにも合います。

肩にエポーレット(肩章)をイメージして
コットンテープを縫い付けました。
前後の肩を縫い合わせたら、衿をつけずに
先に袖をつけます。袖つけの縫い代始末が終わったら
テープを、肩線上〜袖口の縫い代までつけます。
(立体になっているので、幅広のテープは向きません。
サンプルは1.9cm幅。これ以内にしてください。)

案外忘れがちなのですが、コットンやリネンの
テープやレースも必ず、水通しをします。
縫い付けたあと洗濯で引きつれると、かなり目立ちますので、
ある意味、生地の水通し以上に大切な作業とも言えます。

モデルは現在124cm、23kg、8歳。
ジャスト120です。少しゆったり目ではありますが、
大きすぎるということはないようです。
↓クリックで拡大します。

2010.4.29hon.jpg
posted by 【polka drops】 at 10:22| 3.19 プレーンTシャツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。