2010年06月23日

1 フードつきシャツ 2枚仕立てのフード

2010.6.22hon.jpg

フードつきシャツ130を作りました。
本ではフードを1枚仕立てでご紹介していますが、
フードの中央の縫い代は案外目につきやすく、
ジグザグやロックが見えるのが気になる…
という方も多いと思います。
そういう場合、薄い生地で裏フードを作り
フードを2枚仕立てにすると、
縫い代が無理なく隠れ、デザイン的には
配色や柄の合わせを楽しむことができます。

簡単な方法は表地のフードと同じものを裏地
(裏に使う布)でも裁断し、フードを2枚作り、
フード口(直線の部分)を中表で縫い合わせ、
後頭部のあたりは、表地と裏地の縫い代だけをつまみ
5cmほどゆるく波縫いして、表と裏のフードが
パカパカしないようにし(中とじと呼んでいます)
あとは普通に衿ぐりと縫い合わせます。

今回は、表フード口のでき上がり線を2cm出し、
裏フードのでき上がり線を2cm引っ込めて、
見返しのように見える仕立てにしました。
即裏(そくうら…見返しがなく表地から折りかえったところから
すぐ裏地になっていること)があまり好きではないので、
少しアレンジしました。


posted by 【polka drops】 at 09:38| 1 フードつきシャツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。