2010年04月11日

デザイン出しまでの話

最初にお話をいただいたのは11月でした。
以前に数回、雑誌のお手伝いをさせていただいたご縁があり、
まるっきり繋がりがなかったというわけではなかったものの
1冊の本…驚きました。
本が好きな私にとっては夢のような話でした。
もちろんパタンナーにとっても。

やらせていただきますとお返事したものの、
1年間にお店で紹介する型数の数倍を
数ヶ月で。それも何もかも初めてのこと…
自分達のペースではできない厳しさもあるでしょう。
嬉しい気持ちはすぐに大きな不安に変わりました。

でも素晴らしいご縁だと思い、すぐに取り掛かりました。
11月はデザイン出しと生地探し。
デザインの前に「曜日ごとに用途を分けるような形で
公園、お出かけ、お家で過ごす…などシーンを作って…」と
大体のイメージを出しました。
そこからデザインを考えながら同時に生地探しに入ります。
この時期に手に入る春夏の生地が殆どなくて、
そのあたりが苦労しました。
生地屋さんが提案する春夏生地はどこもこれから。
見本ですら1月以降にしか手にできない。
生地屋さんが定番的に作ってらっしゃる生地は使えますが
目新しいものがなかなかありません。
なるほど、通年手に入るリバティプリントが活用されるのは
素敵だからという以外にもきっと理由があるのかも〜
(推測ですが)

といっても今回リバティプリントは殆ど使っていません。
小物に少しだけです。
日常着というテーマもあったので、高価なリバティは
できれば使わないでやってみようかな、という気持ちがありました。
そんな感じでデザインを出し、
出版社の方と相談して決めていきました。

デザインは…実はあまり考えず色々出したのですが、
担当の方が上手にバランス良くセレクトしてくださいました。
そうやってデザインがまとまっていきます。
【関連する記事】
posted by 【polka drops】 at 23:22| 本ができるまでの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする