2010年04月17日

おまけについて

2010.4.17.jpg

おまけについては早い段階で決めました。
出版社さんからは、「つけてもつけなくてもいいです。」とは
言われていました。もちろんあった方が売りやすいけれども、
どうするかは一任されていました。
今の書籍はおまけつきが多いから…だとかそんな理由ではなく、
以前からハンドメイド作品にサイズをスマートにつける方法を
探っていて、本の事とは関係なくちょうどこの時期に
フロッキーがいいのでは…と考えていたのですが、
今回それが可能ではないかと思いました。

おまけとしてのインパクトはそれほど強くないのですが、
きちんと使えるものが良かったので、完成したことは
とても嬉しかったです。

フロッキーを作り、カットして袋詰め、という作業があるため
時間が必要で、こちらも早い段階から取り掛かりました。
年内にはフロッキーは完成し、年明けからお手伝いを頼んで
カットや袋詰めにあたりました。

縫い物の際には必ず出すアイロンでさっとつけられるので
ご活用いただけたら嬉しく思います。


posted by 【polka drops】 at 10:15| 本ができるまでの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

サンプル作成

brog01.jpg


デザインがかなり決定した段階でパターン作成へ。
全てのアイテムをまず、布帛はシーチング、ニットは
不要なニット素材を使ってどんどん形にします。
仮の生地で全部を形にしたら、モデルで試着検討。
コーディネイトした時に、上下のバランスが合うかなど
この段階で考えられるだけの、色々な角度から検討して、
修正し、サンプル作成に入ります。

サンプルを縫える段階になったのがクリスマス頃。
生地も全部集まっていないのに、
そろそろ業者さんはお休みに入るし
お正月だと足りないものがあっても買いに走れない。
心配もあったのですが、担当の方や生地屋さんが
「お休み中でも何かあれば連絡ください」と。
その言葉だけで、とても安心しました。

そういうわけで、お正月も縫っていました。
この頃には撮影やパターン提出日、発売日なども決まっていて
そのスケジュールで全ての人が動いているため、
遅れるわけにはいかず…
それにサンプルはそのまま撮影に使われるので、
作ったはいいが、イメージと違うからといって作り直せない、
でもそういうアイテムもきっと出てくるに違いないので
その時間も含めて作業していて、
その頃の記憶は実は曖昧なのですが、
気分的にはかなり焦っていたのかも…と思われます。

そんなこんなでサンプルが仕上がり、
担当さんやスタイリストさんと相談してコーディネイトを決め、
そのために足りないアイテムを数点縫い足して撮影になります。
posted by 【polka drops】 at 08:40| 本ができるまでの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

コーディネイト

今回、本を作るにあたってこだわり…というか
やってみようと考えたのは
「本に写っているコーディネイトが全て作れる」ことでした。
(言うまでもなく靴などは無理ですが)
市販の型紙本で、例えばパンツの作り方はあるけど、
コーディネイトされているTシャツは市販のものだった…
(スタイリングの小道具だった)
という経験が今までにあって、残念に思った記憶もあるので
今回お話をいただいた時に
何とかその点をクリアしたいと考えていました。

結果、今回はその点は大丈夫だったと思います。
1点だけ、スパッツを組み合わせているものがあるのですが、
このスパッツだけは、スタイリストさんが用意してくださったもので
作り方がありません。
ですが、お店のフリーパターンでご紹介している
ナチュラルスパッツを基本に、少々アレンジすれば
お作りいただけると思いますので、ご活用ください。

そういう風に考える事で、布帛とニット、トップスとボトムスの
アイテム数のバランスが自然に取れたと思います。
posted by 【polka drops】 at 09:00| 本のことについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする